• サイトマップ
  • お問い合わせ

看護部方針

理念

1.看護の対象となる精神に障害を持つ人々に対して、人間対人間の看護を実践し、当事者の方々ご自身が<あたりまえの人として、生への積極的姿勢が持てるような看護文化>を創ること

2.看護実践を通して私たち看護スタッフも、看護の職業人として成長できること

方針

「改めて精神科看護の臨床の原点を見つめ、そこに立ち返る」

1.患者の個別性を尊重し、そのセルフケアー自己効力感高める看護を実践する

2.スタッフ個々の力を引き出すチーム医療を実践する

3.安全で清潔、効率的な職場環境を作る

看護部方針について

精神科看護の原点は、患者―看護者の信頼関係を築いていくことであると考えています。人間関係の中で患者様が自らの病を癒し、生活上の障碍に向かい合っていけるように援助していくことを大切にしております。
救急病棟が新設され、治療の回転速度が高まっても、この精神科看護の原点を忘れることなく、むしろそこに立ち返って、自ら看護を考え直していきたいと思っています。
その観点から3点の基本方針を掲げました。
それが、セルフケアによる生活力の回復、チーム医療の実践、患者様にとっても職員にとっても安全で効率的な職場の実現の3点です。

ページトップへ戻る