病院案内

  • 医局
  • 看護部
  • 相談室
  • 作業療法(OT)部門
  • デイケア
  • 診療部門(薬局・検査室・放射線室・栄養室)

医療安全管理室

当院の医療安全において最も大切にしていることは、コミュニケーションです。
人は誰でも間違えるという避けられない基本特性を持っていますが、システムやツールを活用しているのは人です。言葉にする「やりとり」は、人と人との双方がお互いを尊重し合い、話をする、出来事・気持ちを伝えていくことです。
そこから、発生した様々な意見交換のアイディアやインシデント対応を活用していく上でも、良いコミュニケーションが成立しなければその機能は発揮されません。それは一人で出来るものではなく、組織・チームで取り組む必要があると言えます。

忙しくて余裕の無い時、言葉にするやりとりがあればさまざまな状況を共有できます。コミュニケーションの確実性を高める努力をすることが、安心感が得られる安全の歩みだと思います。

専従リスクマネージャー 吉村 誠俊

当院の医療安全研修のページヘ

ページ上部へ戻る

当院の医療安全について
1.基本理念

当院の基本理念に基づき、

  • 事故のない安全な医療を提供する。
  • 安全な医療を提供するために患者さんと職員が一緒に「安全文化醸成」を図る。
2.基本的考え方
医療の受け手である患者の視点や気持ちと関わる職員の安全を含めた「病院全体」としての医療の質を考え、これを向上させなければならない。
医療に係る安全管理に関しては、日頃から安全性の高い医療を提供することによって事故を未然に防止し、また、発生した事故に対しては,迅速に公平で透明性のある対応を行うことにより社会的信頼を維持する必要がある。
コミュニケーションが円滑に行われる体制を重要課題とし、過ちを誘発しない環境や、過ちが患者さんに障害を残さないシステムを組織全体として整備し、率直に意見交換を行いながら安全文化の醸成に努め、安全で質の高い医療を提供する。
3.医療安全管理体制の構築

1. 安全管理室の設置と構成

  • ①病院長直下に医療安全推進するために安全管理室を設置する。
  • ②専従リスクマネージャーを配置し、スタッフ機能として位置付ける。
  • ③医療安全管理室長は、専従リスクマネージャーに対し指導と助言を行う。
  • ④室長及び専従リスクマネージャーは院長が任命する。(室長は兼務も可)
  • ⑤各部署専任リスクマネージャーは室長が任命する。
  • ⑥室長は、医療安全促進委員会を主宰し、リスクマネージャーに対する指示権限を持つ。

2. 医療安全管理室室長の役割

室長は、院内安全推進のために、以下の基本的事項を所管する。
室長は医療安全促進委員会の議を経て以下の業務を行う。尚、その具体的実施に関しては適宜、専従リスクマネージャーへの指導と助言を通じて行うものとする。

  • ①インシデント・アクシデント事例等の情報収集に関する事柄。
  • (1)インシデント・アクシデント事例の分析・整理及び再発防止のための方策策定。
  • ②医療安全に関する業務基準及びマニュアルに関する事柄。
  • (1)医療現場における医療事故防止のための取り組みについての状況把握及び指導。
    (2)医療安全マニュアルの整備。
  • ③医療安全対策の実施と評価に関する事柄。
  • ④職員に対する医療安全研修の企画と実施に関する事柄。
  • (1)職員の医療安全意識向上、安全文化醸成のため、研修等の企画・立案・実施。
  • ⑤患者・職員への情報提供と相談支援に関する事柄。
  • (1)医療事故防止、安全促進のための最新情報提供。
  • ⑥重大事故発生時の指揮と対応に関する事柄。
  • (1)当事者・被害者への対応。
    (2)医療事故発生後のフォロー及びメンタルヘルスサポートチームとの連携。
    (3)重大事故発生時には直ちに院長へ報告し、指示を受けて「対策会議」設置を行う。
  • ⑦安全促進委員会の開催。
  • ⑧労働安全衛生委員会への参加・報告・提言。
  • ⑨その他医療安全に関することの対応。
  • ⑩定期的に医療安全についての報告を院長へ行い指示を仰ぐ。

3. 専従リスクマネージャーの役割

当院における専従リスクマネージャーは、その職種、職域、職位を越えて医療安全の推進のために必要な措置を実行する役割と責任を有する。その活動に際しては、室長への報告と相談を通じて、院長決裁を要するが、他の職制上での制約を受けない。
専従リスクマネージャーは医療安全促進委員会の構成員として室長を補佐するとともに、以下の業務を行う。

  • ①医療現場を巡回し,安全性に問題等を点検。各部署の専任リスクマネージャー及び管理部門に対する改善措置の提案等。
  • ②各部署におけるインシデント・アクシデント事例の把握。
  • ③各部署における医療安全に対する取り組みの推進。
  • ④各部署における医療安全に対する意見の集約。
  • ⑤医療安全マニュアル整備のための見直し検討への参画。
  • ⑥各部署の専任リスクマネージャー及び看護部安全委員に助言及び実施指示。
  • ⑦各部署への情報提供。
  • ⑧各部署相互の連絡調整。
  • ⑨労働安全衛生委員会への参加。
  • ⑩事故当事者・被害者への対応。
  • ⑪事後メンタルサポートや暴力事故後のスーパーバイザー的役割。
  • ⑫メンタルサポートチームとの連携。
  • ⑬安全促進委員会への参加。報告および提言。
  • ⑭各専任リスクマネージャーに対して医療安全に関する指示を行う。
  • ⑮各部署医療事故カンファレンスへの参加。
  • ⑯患者に対して必要な情報提供を行い、医療安全管理者による相談、支援を行う。
  • ⑰医療安全に係る取り組みの評価をするカンファレンスを概ね週1回程度開催する。

ページ上部へ戻る

IT室

■IT室業務

IT室設置・管理規定(IT室の役割 ・IT室設置の目的) H25年4月

 IT室は、医療法人社団翠会(以下「当法人」という。)において、法令に保存義務が規定されている診療録及び診療諸記録の電子媒体による保存のために使用される機器、ソフトウェア・専用ネットワーク及び運用に必要な仕組み全般(以下「情報システム」という。)について、その取扱い及び管理に関する事項を「電子カルテ委員会」と協働して定め、当法人において、保存義務のある情報を適正に保存するとともに、適正に利用することを資することを目的とする。また、適宜、情報システムの改良・改訂や、使用に関する教育・研修の支援を行い、円滑に診療行為が行えるようにサポートする。併せて、診療行為サポートの観点から、当法人で使用される電子カルテ以外のハードウェア(PC端末及び周辺機器)および使用されるソフトウェアの管理(ウェブ・メールサーバや、将来的なイントラネット構想も含む)、当項にてさだめる範囲において使用される消耗品の調達、インターネットの設定管理サポート、当法人ウェブサイトの更新・改訂などの管理も行うものとする。

このページを印刷する

ページ上部へ戻る