病院案内

ご挨拶

陽和病院は昭和33年練馬区大泉町の地に精神科病院として172床の規模で開設されました。当時は全国で精神科病床が増え続けた時代であり、当院も昭和58年には570床にまで病床が拡大しました。その後全国的に精神科病床数が過剰となり、 一方で入院に 偏った治療の後進性を諸外国から指摘されるという事情もありました。こうした流れの中で国も入院治療中心から地域生活中心へという方針を示し、精神保健医療体系の再構築、地域生活支援、精神医療の質の向上、普及啓発活動の実施などをうたっております。

当院では、早くから病院の開放化、長期在院患者さんの退院の促進などをすすめておりましたが、平成2年から森山公夫現名誉院長が院長として就任し、「柔らかい治療主義」・「新治療共同体」を提唱され、こうした理念に基づいて病棟が運営され地域医療の拠点となって参りました。平成8年にはグループホーム「サンホーム」を開設し、また精神病床を削減して介護老人保健施設や訪問看護ステーションを併設しております。一方、精神科救急医療を含む急性期治療も取り組むべき重要な課題と考え、いわゆるスーパー救急病棟や急性期治療病棟などを整備し、迅速で適切な急性期・救急対応を心がけております。

また、社会構造の変化にともなって増えるストレスは心の不調和の原因となりますし、高齢化がすすむことによって認知機能に支障を来す方々も増えて参ります。われわれは、地域で暮らすこれらの方々にタイムリーで適切な支援が出来ることが必要だと考えます。当院のグループは地域の諸機関とも連携し、早期に相談でき医療へと結び付けられる体制を整え、そして何より再び地域で生活できることをめざしていきます。こうした活動を通じ病院が社会に貢献できればと考えております。


院長 分島 徹

このページを印刷する

ページ上部へ戻る